財団の活動

住宅維持管理士認定試験の運営

ストック型社会に向けての実現を目指し人材育成も行っております

時代が求める住宅維持管理士

新築住宅を大量に作る時代から、既存住宅を大切にしていく時代への転換を宣言しました。ストック型社会への転換、リフォーム市場の活性化を通じた経済成長を図るため、長期優良住宅や省CO2対策分野への支援に加えて、バリアフリー改修など住宅の質の向上につながるリフォームを幅広く支援する。またリフォーム市場の環境を整備するため、インスぺクション(建物検査)の実施、住宅履歴情報の蓄積、保険への加入を支援するようになってきました。

住宅維持管理士 システム化された住宅維持管理を行っており試験に合格した者

住宅維持管理士になるには

住宅維持管理士は当財団で定める民間資格です。住宅履歴情報の整備が求められている中、単なるリフォームではなく実際どのような方法で維持管理や住宅履歴情報の整備を行えばよいのかの側面から当財団独自の資格認可制度とし、管理士を認定します。
維持管理は国が求めるストック型社会における長期優良住宅法の中にある住宅履歴書の整備にも記載されているなど厳正な立場で業務を遂行しなければなりません。住宅維持管理診断士は維持管理に関する講習を受け資格試験に合格した方に与えられる資格です。住宅維持管理士は2年以上の実務経験が必要となります。本試験の有効期間は3年間となっており、3年毎の更新が必要です。

住宅維持管理士

受講資格 住宅維持管理士においては2年以上の実務経験が必要となります。
費用 31,500円(講習費用、テキスト代、認定証、修了証含む)
テキスト 申込み確認後発送
資格試験 テキストより出題(四肢択一)
資格取得証明 「住宅維持管理士」認定証と修了証を発行
講習会内容 住宅維持管理士テキスト説明・リフォームに関わる法律など

品質基準認定店 詳細ページ

このページの上へ

品質基準認定店の制定

安心できる工務店選びのために新しい基準を制定

品質基準認定店とは

安心できる工務店選びの基準として、「品質基準認定店」を制定しました。「品質基準認定店」は5つのマナー基準を実践し、建築のプロとしてあなたの住まいを守る優良工務店の証です。

5つのマナー基準

  • ・接客マナー
  • ・工事マナー
  • ・適正価格マナー
  • ・家暦書マナー
  • ・メンテナンスマナー

品質基準認定店 詳細ページ

このページの上へ

消費者向け住宅セミナーの主催

価値ある情報を分かりやすく伝え、一般の人が理解でき、使いこなせるようお届けします

消費者向けのセミナーの主催

いざ、新築やリフォームをしたいと考えても、「何からすればよいのか?」「誰に頼んだらよいのか?」「どれくらいの費用がかかるのか?」などの疑問や、リフォーム、新築などでのトラブルや不安も出てきます。
セミナーでは消費者の皆様が必要となる基礎知識や、チェックポイント、減税や制度など役に立つ情報を解説致します。
消費者へのセミナーは売り込みを目的としておりません。参加者の個人情報は財団で管理し依頼された業者への譲渡はできませんのであらかじめご了承下さい。

セミナーの内容

  • 失敗しない住宅ローンの選び方
  • 失敗しない土地選び
  • 正しい断熱材の選び方
  • 賃貸、新築、中古これからの家選びは
  • 欠陥住宅のおきる理由は?
  • 住まい選び!失敗する人・成功する人
  • 新築リフォームのトラブルを防ぐコツ
  • 住宅のメンテナンスどうするの?
消費者のためのセミナー

■ 参加費無料 (テキスト無料配布)  ■ 受講資格 どなたでも参加できます

個別相談

■ 相談費用 1時間1,000円 交通費別途

※紛争に関するトラブルや法律に係る相談にはお答えできない場合がございますのであらかじめご相談下さい。

このページの上へ

一般財団法人 日本住宅維持管理協会へのお問い合わせ